ウェディング奏者養成コース

コース概要

対象:将来ウエディングプレイヤーを目指したい方
(鍵盤経験 中級レベル以上の方)

入会金3,000円
レッスン月1回以上 60分/1回
レッスン代5,000円/月

ウエディングプレイヤーとは、結婚披露宴・パーティーで音楽を演奏する人のことです。結婚式という晴れ舞台は、新郎・新婦にとっては一生に一度の主役になれる場のひとつです。

最近は、個性を生かした挙式・披露宴パーティーが主流になってきて、式場のウエディングにもさまざまな演出が企画されているのを耳にします。
ウエディングでの音楽は演出の最も重要な部分です。

CDを使っての自分たちの思い出の曲を流すのも素敵かもしれませんが、しかし、エレクトーン・ピアノでの生演奏でBGMの演出による迫力はCDでは決して味わうことができないでしょう。
大好きなアーティストの曲をCDで聴くよりもライブやコンサートで聴いた方が、 プレイヤーの臨機応変で対応する生演奏の暖かみや迫力を感じ、感動も大きいのと同じこと。
ウエディングプレイヤーは披露宴やパーティーでの演奏では、新郎・新婦の動きや進行に合わせられるかどうかそのタイミングが重要です。
優秀なウエディングプレイヤーが演奏すると、色々な面ですばらしく効果的なものになります。

ただ演奏ができるだけではウエディング奏者にはなれません。
ウエディングで必要な技術や力やマナーが必要です。それをを学んでもらうためのレッスンコースです。
レッスンを受講したからといってウエディング奏者に必ずなれる訳ではありませんが、基礎を学びそれぞれの現場で活躍できるようにアドバイス致します。

レッスン内容詳細

1.レパートリー曲の作成・準備

結婚式・披露宴等それぞれにふさわしい曲を豊富に準備 (最低でも 20~30 曲は必要です) し、 コードの習得(C メロ譜面を演奏できるように) をします。

2.盛り上げのポイント

タイミング合わせの演奏方法 盛り上げ方 場面にあった演奏方法 司会者とのタイミング

3.披露宴での選曲

列席者に合わせた幅広いジャンルの選曲が必要 場面に応じた曲、リクエストの多い曲・定番曲の研究

4.即興力

瞬間的に対応できる演奏、プレイヤーとしての即興力

5.表現力

人前で演奏し、聴いて頂いている人に喜んで頂くような表現力

6.エレクトーン演奏の場合

編曲の仕方・アレンジ・音色作り・機種への精通

7.プロ奏者としてのマナー(服装・挨拶など)

プロの演奏家として、どのような服装・振る舞い・挨拶がふさわしいか

Scroll to top